実際に借りてわかったRentio(レンティオ)のレンタルサービスの良さ

どうも、たご作@tagosaku881)です。

今回、初めてカメラのレンタルサービスを利用してみました。
カメラと言ってもレンズですけど。
レンタルした理由は以前から欲しいレンズを一度使ってみたかった。
そして、その性能を確かめてみたかったからです。

ちなみに、恥ずかしながら、私はレンタルサービスを知らなかったのです・・・
カメラ機材=安く買って使いまくる」という思考が頭を支配していたので、レンタルサービスの存在を知った時には目から鱗でした。

というわけで、レンタルサービスの中で『Rentioレンティオ)』を利用した感想/・レビューと簡単な手続きの流れについて触れていきたいと思います。

実際に使用してみた感想

早速ですが、『Rentioレンティオ)』を利用してみた感想を述べたいと思います。
次回以降も継続して使いたい」と思わせてくれたレンタルサービスでした。
とにかく、カンタンで楽でした。
レンタル対象の家電などが多く、「次はどれを借りてみようかな」と期待感を膨らませてくれます。

ここがいいね!Rentio
  • パソコンorスマホのみでの会員登録と配送手続きが楽
  • 面倒な身分証明書の提示がなく、注文ができる
  • 圧倒的な取扱い商品量
  • レンタル商品の送料無料

最初の会員登録を含めて、とても簡単に手続きができます。
レンタルするときって、店頭で必ず身分証を提示してコピーを撮られますよね?

Rentioには店舗がありませんつまり、対面でのやり取りがないのです。
よって、必要となる書類等の記載事項は、パソコンかスマートフォンからの登録するので、身分証明書も画像に撮ってから、アップロードするものだと勝手に思っていました。

しかし、その身分証の作業もないんです。
身分証のコピーを送付するということもなく、身分証を用意することなく手続きができてしまうのです
よって、Rentioを初めて利用する方でも、このような審査の手続きに時間を要することなく、すぐにレンタルを開始することができます。

手続面からも利用者の負担が少なく考えられているな、と思わされました。

Rentioは身分証なしのレンタルサービス
  • 初めて利用する方も、審査手続きなしに、すぐにレンタルが始められる

私たちが家電などをレンタルしてみようと思うときは、「今まで使っているものが突然、壊れた」とか「イベントが急に入った」など突発的に対応しなければならないケースが多いと思います。
このようなときにすぐさま使えるレンタルサービスは非常にありがたいものですよね!

さらに、これら内容をカバーするだけの幅広いレンタル製品を取り扱っているのが、Rentioの強みです。
例えば、「子供の運動会や友人等の思い出を撮るために一眼レフを借りてみる」、「家事負担軽減のためにロボット掃除機を試す」など、本当に自分に合った製品なのかをレンタルによって見極める際の選択幅が広いことを示しています。

さらに、全商品の配送料が無料なのと、破損・故障等の補償金などを事前に支払うこともないので、レンタル料金以外の余計な費用を考えずに利用することができる点も評価できますね!

Rentio(レンティオ)とは

Rentioレンティオ)』とは、「レンタルを感動するほどカンタンに」をコンセプトに、2,597種類の家電とカメラをレンタルしてくれるサービスです。
レンタルした商品が気に入れば、その商品を買い取り、自分にものにすることも可能。
さらに、レンタル商品の送料が無料なのもうれしい点です。

カメラをはじめとするさまざまな家電のレンタルサービスが行われています。
簡単にまとめるとこんな感じ。

Rentioで主にレンタルできるもの
  • カメラ、レンズ、望遠鏡、双眼鏡
  • ロボット掃除機
  • 食洗機、電子レンジ、炊飯器
  • 生活家電
  • プロジェクター
  • パソコン、スマートフォン、モバイルWi-Fi
  • キャンプ用品、ゴルフ用品

iRobot、SHARP、SONY、Panasonic、siroca、BALMUDA、GoPro、YA-MAN、Combiなどの有名なメーカーの製品が提供されています。
そのほかバラエティあふれる商品のレンタルが行われていますので、ホームページを確認してみてはいかがでしょうか。
信頼性も抜群で344,000件以上の貸出実績を誇っていますので、レンタル商品の取扱いの多さと実績を物語ってくれていますね。

きっと、あなたが購入に迷っている商品やレンタルしてみたいものあるはずです。
1度利用してみるチャンスです。

Rentioのレンタルまで

レンタルから返却までの流れ

レンタル製品を借りるまでの大まかな流れは、こんな感じです。

Rentio レンタルまでの流れ

パソコンかスマホを使用して、『Rentio公式サイト』へアクセスします。
「ジャンルから探す」、「利用シーンから探す」からレンタルしたい商品を探してみましょう。
借りたい商品の料金レンタル期間がわかりやすく表示されていますのでしっかりと確認します。
料金だけでなく、レンタル期間も商品によって異なっているので注意!

指定した場所と日時にレンタル商品が届きますので、レンタル商品を使っていきましょう。

レンタル期間終了までに返却を行います。
レンタル商品の返却は、必着ではなく、レンタル終了日の発送日となります。

なお、レンタル商品を気に入り、返却を行わなければ、自分の所有物とすることもできます。

アカウント登録とレンタル発注まで

レンタルするには、Rentioの会員(アカウント登録)になる必要がありますので、登録手続きを行いましょう。
パソコンまたはスマートフォンから行います。
具体的な手続方法は、以前の記事を参考にしてみてください。

とても簡単です。Amazonの会員であれば、2~3分で手続ができてしまうと思います。

関連記事

どうも、たご作(@tagosaku881)です。 少し気になる商品や買ってみたいけどちょっと使ってみないと判断ができないといった家電などは、レンタルサービスを利用して試してみるのがおすすめです。 カメラ機材のレンタルサービスを[…]

レンティオ

Rentioを実際に使ってみた

それでは、実際に私がレンタル注文した商品と到着した様子を伝えていきたいと思います。

レンタル注文した商品

今回、私がレンタルしたのは、ニコンの「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

Amazonで15万円強くらいするニコン純正の超望遠レンズです。
超望遠レンズにしては、コストパフォーマンスが非常に高いで有名。

Renthio レンズレンタル

この「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」の月額が14,000円です!
しかも、初回の月額7,000円という半額は、かなりのお得です。

10ヶ月を超えると、購入した方が良さそうです。
それまでに使いまくって、このレンズの性能を見極める必要がありますね!

主な利用目的は、野球をはじめとするスポーツ写真の撮影です。
できれば、プロ野球だけでなく競馬の撮影もしたい!
このコロナ禍で果たして足を運べるかは疑問ですが。


レンタルを選んだ理由
  • ニコン純正レンズとの違いを試したい
  • ニコン純正レンズのAF速度と画質
  • 望遠レンズ500mmの望遠力
  • このレンズの重量の確認

自分が所有しているレンズは、「TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
400mmまでの望遠レンズなので、500mmとニコン純正の違いを比較をしたかったというのがレンタルした主たる理由です。

商品の受領

さて、指定した日時に商品が無事に届きました。
まずは、届いたレンタル商品がしっかりと入っているかを確認しましょう。

Rentioからのダンボール

望遠レンズを借りたので、大きさと重さは結構なもの。
開封して、中身を取り出し、内容物を確認します。
注文した商品がない場合は、Rentioカスタマーセンターに連絡すれば、対応してくれます。

中身を取り出す際のダンボールの開封は、丁寧に行いましょう。
返却するときもこのダンボールを利用しますから。

開封するときの注意

段ボールは、レンタル商品を返却する際に、利用するので、捨てずに取っておきましょう。

ダンボールを開けると、注文したレンズご利用ガイド返送用伝票が入っていました。
注文したレンズは、レンズケースの中に同梱されていました。

(レンズケースは、写真に掲載していません。スミマセン…)

レンズケースがあることで、使用しないときの保管や返却の際にレンズを割る心配を軽減できそうです。安心しました。

ご利用ガイド」には、返却の手続や利用中のトラブルの対応について、書かれています。
わかりやすい内容ですし、返却方法を改めて確認するためにも一読しておきましょう。

注文した通り、しっかりとレンズが入っていました。
レンタルした物なので、以前は他の人も使用していたと思います。
丁寧に使われていたのか、Rentioのスタッフさんの保管がよかったのか、キズ等もなくキレイでした。
自分も大事に使わなければ、という意識が強くなってきます。

利用してみた

やはり、デカいです。その大きさは約25㎝超(マウントからレンズ先端まで)
重さも2,090グラムです。
まずは、カメラにレンズを取り付け、動作を確認してみました。
問題なく、撮影ができたので、今度は撮影する場所へ持ち運ぶために、カメラバッグに入れます。

私が使っているカメラバッグ(ロープロ フリップサイド400AW)の中の間仕切りを一部取っ払って、カメラとレンタルしたレンズを入れてみる。
このカメラバッグを使用し続けてこの方、未だこの仕切りを取ったことがなかったので、このような日が来るとは!!
改めてこのレンタルした超望遠レンズの大きさを実感したよ。
カメラに取り付けるのも結構、手間取ってしまう…重いし、大きいから。

さて、このレンタルしたレンズのメインの利用は、プロ野球の撮影だ。
このレンズを背負って、いざメットライフドームへ!
埼玉西武ライオンズと福岡ソフトバンクホークスの試合を撮影しに行きました。

その時の様子はこちらの記事で写真を掲載しています。
Instagramでも撮った写真をアップしていますので、見てみてください。

関連記事

どうも、たご作(@tagosaku881)です。 ケガ人が続出となっている埼玉西武ライオンズ。本日、埼玉西武ライオンズと福岡ソフトバンクホークスの試合を観にメットライフドームへと向かいました。 試合内容 この試合の結果は[…]

おかわり君

今回は、購入すると15万円くらいする高額なレンズを月額7,000円(初月割引)で使ってみることができました。
このレンズのAFの速さと画質の良さ、そして、スポーツ写真ではやはり望遠の焦点距離は大きいほどダイナミックな写真を撮影することができるということがわかりました。
何よりも購入に躊躇していたのは、持ち運びを野球場まで行けるかということですが、何とか持参の経範囲のレンズであることも再確認することができました。

購入の検討するにあたって、良いレンタルをしたと思っています。
商品スペックの記載だけではわからないことをレンタルにより実物を手にし、他人のレビューではなく、自らの評価で判断することができます。

このようにRentioで実際に借りてみて、レンタルサービスの効果的な使い方を学んだような気がします。

返却手続き

まだしばらく手元で使用するつもりです。
返却した際は、ここに追記する予定です。

まとめ

Rentioを実際に利用してみて、最初の会員登録も煩雑さがなく、スムーズに登録できました。
レンタルの取り寄せは、スマホで(自分はPCでしたが)簡単に行うことができ、指定日時に着実に届けてくれます。
審査手続きがないので、借りたいときにすぐ注文できる点がとても素晴らしいと思います。
商品も丁寧に梱包されていましたし、動作も問題なく使えていたので、保管体制も問題なさそうです。
私はまだレンタル中ですが、返却方法もストレスフリーでできそうです。

個人的には、日常の喧騒から癒してもらうために「aibo」をレンタルしたい気持ちでいっぱいでしたが、結構、お高い…

現実的なものからは、ミラーレスカメラが選択肢かなあ、と思っています。
ミラーレスカメラを使ったことないので、今後、レンタル等を活用して一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いなど、スポーツ写真の撮影の比較をメインに試してみたいと思っています。

とにかく幅広い製品を取り扱っているのが最大のメリットです。
Rentioが扱う2,597種類もの製品からは、間違いなく気になる家電・カメラなどがあるはずです。
あなたが使用している家電などが故障等で、代わりのものを急に必要になった時には満足できる製品を揃え、貸し出してくれるでしょう。
ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか?

Rentio感想とレビュー
最新情報をチェックしよう!