レンタルサービス【Rentio(レンティオ)】の概要や手続を詳しく解説

どうも、たご作@tagosaku881)です。

少し気になる商品や買ってみたいけどちょっと使ってみないと判断ができないといった家電などは、レンタルサービスを利用して試してみるのがおすすめです。

カメラ機材のレンタルサービスを探しているときに見つけたのが『Rentioレンティオ』。
カメラに加え、ほかの家電を含めたレンタル商品の取扱い範囲が広すぎて、スゴイんです!

今回は、その『Rentio(レンティオ)』についてご紹介していきたいと思います。

Rentio(レンティオ)について

Rentio(レンティオ)とは、最新製品を買わずに使える家電お試しサービスです。
カメラから生活家電やベビーカーまでもレンタルすることができます。
2,573種類ものレンタル製品を幅広く提供しています。
主なレンタルできるジャンルはごらんのとおり。

Rentioで主にレンタルできるもの
  • カメラ(一眼レフ、ミラーレス、レンズ、アクションカメラ)
  • キッチン家電
  • ロボット掃除機
  • 生活家電
  • プロジェクター
  • パソコン、タブレット、周辺機器
  • ドローン
  • ロボット
  • ベビー用品
  • ペット用品 などなど

その他にもたくさんレンタルできるものがあるので、Rentio(レンティオ)の公式ページで確認してみてください。

カメラ製品も本体とボディだけでなく、三脚なども用意されていて取扱いの多さに驚かされます。


Rentio(レンティオ)はこんな人におすすめ!
  • 最新家電の購入前に試したい
  • 旅行の時だけ防水カメラを使いたい
  • 子供の運動会などに一眼レフカメラを使いたい
  • 友人等の思い出の動画をプロジェクターで観たい
  • パソコンが故障し、買う前の代わりとして使いたい
  • 書籍・本を処分する前に電子化するため、裁断機で自炊(電子書籍化)したい

急に家電が壊れたとき、
代わりにレンタルしてみよう!
そんなときにRentio(レンティオ)を利用し、その場しのぎの代替措置として、または新製品の購入検討のために試用する、といった活用方法ができるはずです。一度、試してみる価値があると思いますよ!

レンタルの流れ

レンタルの流れですが、非常にシンプルで簡単です。

Rentioレンタルの流れ

Rentio(レンティオ)は、店舗がないので、ネットでの注文となります。
また、物を借りるときは、申込書の記載をはじめ、身分証明書の提示が求められますが、Rentioでは身分証のコピーの郵送身分証の画像アップロードといった煩わしい手続きが不要です。
とことん簡潔な手続きの流れで、すぐさまレンタルまで行きつくところが「さすが!」です。

さて、具体的なレンタルの流れを紹介していきたいと思います。

アカウント登録とレンタルの流れ

はじめて、Rentio(レンティオ)を利用する方に向けて、最初のアカウント登録からレンタル商品の借り方の流れについて説明していきたいと思います。

パソコンまたはスマホだけでレンタル製品を借りることができるので、とても簡単です。
先ほど、説明した通り、身分証の提示も不要なので、手元に用意する必要もありません。

STEP 1
公式サイトから登録
まずは、「Rentio 公式サイト」にアクセス
右上のマイページから「アカウント登録」をクリックしてください。
STEP 2
会員登録
メールアドレスとパスワードを登録します。
Rentio会員登録
Amazonアカウントでもログインすることが可能
STEP 3
レンタル商品を選ぶ
レンタルしたい商品を探して、選びましょう。
届けてほしい日にちを選び、レンタル期間の確認をしましょう。
Rentio レンタル期間の確認
在庫次第ですが、「こんなに早く届けてくれるのか」という印象を持ちました。
STEP 4
住所と送り先の登録
住所の登録を行います。
住所とレンタル商品を届けてほしい場所を入力します。
Rentio 住所登録
STEP 5
配送方法の選択
配送日時を確認し、お届け時間を指定することができます。
返送日がレンタル終了日となりますので、しっかり確認しておきましょう。
Rentio配送方法確認
返送日が必着日でないので、余裕をもって発送することができるので安心ですね!
STEP 6
決済方法の選択
最後に決済方法を選択します。
決済方法は、クレジットカードをはじめ、代金引換、銀行振込(前払い)、Amazon Pay、Apple Payなど幅広く用意されています。
住所とレンタル商品を届けてほしい場所を入力します。
Rentio決済方法の選択

お疲れ様でした。
以上でレンタル商品の手続きが終了です。
とても、シンプルでわかりやすい手続きだと思います。手軽にレンタル商品を借りることができますね。

あとは、商品が届くのを待ち、利用を楽しみにして待ちましょう!

レンタル製品の補償について

また、レンタル期間中に、万が一の破損や故障したときはどうなるのか。
そこはレンタル料金とともに気になるところですよね。


Rentio(レンティオ)の補償体制
  • 保険料などのオプション料金は追加なし
  • 過失のない故障に対しては、修理費の請求なし
  • 不注意で壊しても負担は最大2,000円
  • その他のアクシデントにも柔軟に対応

故意で壊さなければ、最大2,000円までの負担とはとても安心できますね。
どうしても借り物だと、万が一、壊したらどうしようという気持ちが心のどこかにあるので、その不安を解消してくれています。

また、レンタルする際の障害となりそうな料金以外の手続がない点も評価できます。
補償といった一見、煩雑な手続を省くことで、私たちユーザーにレンタルサービスを安易に受けられるようにしてくれています。

口コミ・評判

Rentio(レンティオ)でレンタルされた方たちの口コミや評判を紹介していきたいと思います。
悪い評判は、あまりなさそうです。

この方たちがレンタルした加湿器や空気清浄機のように、ワンシーズンをレンタルで乗り越えることで購入するよりもコスパがいいかも!
レンタルの賢い使い方かもしれません。

スペックの比較として、レンタルを活用するのも一つの手です。

まとめ

Rentio(レンティオ)はカメラや家電を借りたい人にかなりおすすめできるサービスです。
製品の性能を試したい」、「購入を検討している商品を使ってみたい」、「旅行先でカメラでいい記念を残したい」と思っている方は、利用してみてください。
なかなか自分で購入するには手が出ないカメラや家電を、気軽に短期間からレンタルできる画期的なサービスです。
取り扱っている製品も多いので、きっと探している家電などを見つけることができるはずです。

レンタルの手続きもネットだけで簡単に取り寄せることができます。
さらに、補償体制も万一の破損等でも上限で2,000円までとかなり良心的なので、積極的にレンタルした製品を使用でき、とても安心して利用することができるでしょう。

このようにレンタル製品の取扱いの種類の多さだけでなく、安心して簡単に借りることができるのが、Rentio(レンティオ)の強みです。
ぜひ、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

レンティオ
最新情報をチェックしよう!