コロナ下での競馬場の入場方法についてわかりやすく解説します

  • 2021年9月12日
  • 2021年9月16日
  • 競馬

どうも、たご作@tagosaku881)です。

新型コロナウイルス感染症の影響により、競馬観戦機会がぐーんと落ちてしまい、気づけば3年ほど競馬場に赴いていないことがわかりました。

今回は、久しぶりに中山競馬場に行き、来る秋のGⅠ戦線に備えて、コロナ禍における競馬場の下見をしたいと思った次第です。

しかし、現在、競馬場で観戦するには、指定席をネット予約しなければ入場できないようでして、この予約方法がJRAのwebサイトではイマイチわかりにくい!
(ただし、スマホページで分かりやすいページがあったので後で紹介します)

自分が指定席確保までの体験談を踏まえて、まとめてみました。
参考にどうぞ!

競馬場の入場手続きについて

手続

新型コロナが流行する前までは。200円で誰でも入場でき、喜怒哀楽に包まれた競馬場。
今や事前にインターネットで指定席を予約・購入をしなければ、入場できません

第4回中山競馬場(9/11~10/3)の指定席ネット予約

JRAによれば、2021年9月の中山競馬場の販売席数が3,810席となっており、かなりの入場者数を絞っていることがわかります。
有馬記念などは10万人超えますからね。
1万人を下回る予約数にしているとは、相当な閉店ガラガラ状態なんではなかろうか?

指定席ネット予約の会員登録

競馬場に入場するには、現在のコロナの状況下では、指定席をインターネットで事前予約しなければなりません
そこで、指定席ネット予約の会員登録の方法についてお伝えします。


会員登録に用意するもの
  • パソコンまたはスマホ
  • クレジットカード

指定席ネット予約の流れについては、以下のJRAのページの説明がとても分かりやすく説明してくれています。

指定席ネット予約発売のご利用方法(JRA)

僕は、パソコンから会員登録をしましたので、参考に会員登録完了までの流れを紹介いたします。
ちなみに、会員の種類は、「JRAカード会員」と「一般会員」があり、前者はいろいろな特典等がありますが、2年目からは年会費が発生するということで、僕は「一般会員」で手続をしました。

以下はパソコンでの会員登録の手続となります。


STEP①
JRAの指定席ネット予約のページへアクセス
まず、「JRAの指定席ネット予約のページ」へアクセスします。
アクセスすると、以下のページが表示されると思います。
指定席ネット予約ページ

ここでは、JRAカード等を作らず、「一般会員」で新規登録を行っていきたいと思います。

STEP②
メールアドレスの登録
メールアドレスの登録を済ませます。
JRA指定席ネット予約 メール登録

登録したメールアドレスに以下のメールが届きます。
下記URLをクリックして会員登録を行ってください(赤い下線部)のURLをクリックします。


JRA指定席ネット予約 メール確認
STEP③
会員登録 新規入会手続き
メールのURLをクリックすると会員登録の画面となります。
STEP1「会員規約確認」~STEP5「登録完了」の手順で手続を行っていきます。
JRA指定席ネット予約 会員登録

名前や住所等を入力し、クレジットカードの登録を行います。
すべてが終了すると、登録したメールアドレスに登録完了のメールが届きます。


JRA指定席ネット予約 登録完了メール

これで、指定席ネット予約の登録が完了です。
今後は、メールにある会員番号と会員登録時に設定したパスワードを使って席を予約することになります。

指定席ネット予約スケジュール

指定席の予約のスケジュールは以下の通りで行われます。
自分が観戦したい日が決まったら、このスケジュールに合わせて抽選申込をしましょう!

抽選申込の際は、席種エリアも選択しなければなりませんので、自身が観戦したい場所をあらかじめ決めておく必要があります。
しかも、1つの席種しか選ぶことができなかったので、しっかりと決めておく必要があるかと。
さらに席種によって料金が異なりますので、席種と料金については各競馬場のページを確認するべきです

なお、ここで先行抽選に参加できるという点で「JRAカード会員」と「一般会員」の差が生じます。
「JRAカード会員」であれば先行抽選に参加することができるので、少しでも現地観戦の確率を高めたいのであれば、「JRAカード会員」になりましょう

指定席発売スケジュール

画像引用:指定席予約スケジュール(JRAページより)

上図では、「利用日の2回前」とかややこしく書いてありますが、要するに観戦する日の2週間前から抽選が始まるという意識を持って、「JRAカード会員」なら金曜日から、「一般会員」であれば火曜日から申込みを行いましょう。

たとえ、抽選に敗れたとしても、諦めてはいけません!
競馬観戦する当該週において、残席・キャンセル席発売がありますので、どうしても観戦したいレースがあれば諦めずにチャレンジしましょう!
ここは先着販売なので、逐次、前席があるかチェックすることが大事です。

あとは、席が取れるよう、神頼み!!

抽選当選後

抽選にパスすると、実際にどこの席で観戦するかを選ぶことになります。
席種はあくまで観戦するエリアを指定しているだけなので、実際の席は、このとき選ぶことになります。
「シートマップから選択」と「おまかせ席選択」で座席を指定していきます。

以下は、「シートマップから選択」の画像です。

JRA指定席座席選択

空いている座席を自分で選択します。

自分が選んだ時の感覚ですが、この席選びは先着順のような気がするので、抽選が通ったら速やかに座席まで確定させましょう!

座席を確定したら、購入手続となり、クレジットカードにて決済手続きを行います。

これにて指定席の予約は完了です。
あとは、こういうご時世ですから体調を万全に整えて、当日の開催日まで待つのみです。

なお、利用日の前日23時まではキャンセルができ、無料のようです。

競馬観戦当日

ゲートスタート

持ち物

やっと指定席を予約したにもかかわらず、入場できないというバカな目に合わないように、家を出る前に必ずチェックしておきましょう。


観戦当日に用意するもの
  • 指定席ネット予約サイトに表示されるQRコード
  • 身分証明書
  • マスク

「QRコード」は、スマホからログインすれば表示させることができるので、スマホさえ持って行けば大丈夫でしょう
ただし、会員番号とパスワードを忘れるという凡ミスだけはしないように!

「身分証明書」は、公的機関発行の写真付き身分証明書とあります。
つまり、運転免許証やマイナンバーカードなどです。
保険証や社員証では入場できませんから注意してください

「マスク」は、このコロナの状況では当たり前です。
忘れずに着用しましょう。
また、入場時には検温があり、37.5度以上の発熱が確認された場合は、入場を断られるみたいので、体調を整えておきましょう。

マスクの紐が取れてしまって、他のイベントで焦ったことがある。
マスクの予備を持って行くことも肝要だぞ!

入場方法

中山競馬場の場合は、船橋法典駅から地下道を通って、いつも入場口にて、JRA職員さんによる「QRコード」のチェックがあります。

ここを通り抜け、さらに真っすぐ進むと、中山競馬場地下1階に到着します。
入口の右手に指定席ネット予約引換所があります。

中山競馬場 地下1階

画像引用:中山競馬場 レストラン・売店の案内

指定席ネット予約引換所にて「QRコード」と「身分証明書」を提示することで、当日のレーシングプログラムと指定席のチケットを得ることができます。

さらに、僕が行った日は、当日限定の場内飲食代300円割引券が付属していました。

指定席の代金が500円、そして、300円引きの飲食代割引クーポンはつくということから実質200円の負担ということになります。
つまり、いつもの競馬場の入場料金を負担しているのと変わらないということに。

基本的に指定席ですが、競馬場内は自由に移動することができます。
あくまで指定席という枠組みで、入場制限を絞っているので、「指定席をゲットできた人は、自由に施設内を行動してもいいですよ!」というのがJRAのスタイルっぽいです。
なので、自席で馬券の検討をするのも良し、パドックなどで馬を眺めるのも良し、いろいろなところから写真を撮るのも良し、という感じです。
お客さんの人数が少ないため、施設内の自由席にも座ることもできますよ。

広い競馬場を自由に動けるのは有り難いっす。
こうすることで、密を作らないということかな。

ただし、立ち入ることができない施設が結構あります。

なお、2021年9月12日に入場した中山競馬場での観戦と場内の様子については、この記事で紹介しています。

関連記事

今回は、久しぶりに中山競馬場に行き、競馬を観戦しつつ愛用の一眼レフカメラを使って写真を撮ってきました。入場規制を行っている中で、「場内のどのあたりで写真を撮ることができるの?」「人の混雑具合は?」「飲食店は空いているの?」などなど、気[…]

中山競馬場へ行った話

まとめ

JRA指定席ネット予約について、自身で会員登録から指定席予約するまでの流れをまとめさせてもらいました。
会員登録はすんなり行きましたが、抽選申込みの席種選択に戸惑いましたね。

抽選申込時の席種表示は文字だけなので、競馬場のどのあたりか見当がつかないので、必ず観戦予定の競馬場のホームページで席種を確認することが重要です。

実際の競馬場での様子については、別の記事で触れたいと思っています。
特に競走馬の写真撮影をしている身としては、どの程度の写真が撮れるのか不安でもあります。

さて、新型コロナが流行して、昨年は、無観客で競馬が行われていました。
条件を緩和して競馬場に入場することができるようになったことは、とても喜ばしいところですが、かつての熱狂に比べれば、まだまだ寂しいところです。

どうしても興奮して大声を出しがちな場所ということを考えれば仕方ないとも思えますが、秋競馬の本番には、少しでも競馬の迫力が感じられるように多くの観客が動員できるよう、微力ながら感染対策を万全にしつつ観戦マナーを守っていきたいと思います。

競馬指定席ネット予約方法
最新情報をチェックしよう!