【JRA競馬場への入場方法】当日現金発売入場券の方法をわかりやすく解説

どうも、たご作@tagosaku881)です。

2021年の競馬においては、新型コロナウイルス感染症の影響により競馬場の入場制限がかけられ、現地で競馬観戦する際は、インターネットによる事前予約である「指定席ネット予約」が必須でした。

この状況は緩和され、現在では、指定席ネット予約」、「入場券ネット予約」、「当日現金発売入場券3つの方法によりJRAの競馬場へ入場し、競馬観戦ができるようになっています。

この記事では、「当日現金発売入場券」についてを説明していきます。

ウマタロー

当日現金発売入場券についてのメリットや手続きを教えてくれ!

たご作

要は窓口でお金を払うシステムで、従来のシステムだよ。

目次

当日現金発売入場券の概要

コロナ前に主流であった「当日現金発売入場券」は、競馬開催日に競馬場に向かい、窓口において入場料である現金を支払って、入場するスタイルを言います。

2020年に新型コロナウイルス感染症が流行し、無観客競馬から入場制限による「指定席ネット予約」の限定、そして「入場券ネット予約」を経て、2022年夏をもってようやく、従来の「当日現金発売入場券」が復活しました。

「当日現金発売入場券」は、今ではすっかりマイナーな入場スタイルとなってしまいました。

入場料

気になる入場料は、100円 or 200円という格安!

東京・中山・中京・京都・阪神 ・・・ 200円
札幌・函館・福島・新潟・小倉 ・・・ 100円

たご作

上記の開催エリアを「メイン開催」、下記を「ローカル開催」などと言うぞ。

ウマタロー

いずれにしても格安だな!

たご作

競馬場は広くいろいろな施設があるので、入場してからお好みの場所で観戦しよう!

かつては1,000円で8枚つづりの回数券というものがありました。
この回数券があれば、通常の入場料よりも割安で入場できたものでしたが、コロナの関係で今後も入場制限がかかる可能性があるため、販売が見合わせているそうです。

観戦する場所の例

上述の通り、指定席やスマートシートの利用はできませんが、入場した後に座れる席はいくつか存在します。
このあたりは、「入場券ネット予約」のシステムと一緒です。
当日の競馬観戦方法として、例を挙げさせてもらうとこんな感じでしょうか。

  • 芝生広場からの観戦
  • 場内の自由席でのモニター観戦
  • 立ち見
競馬場の内馬場で観戦する人たち

東京競馬場のレースコースの内馬場で観戦する様子です。
奥のスタンドにたくさんの観客を確認できると思います。
それがスマートシートにあたり、この「入場券ネット予約」では予約できない席となります。

この立ち見でも十分な疾走する迫力ある競走馬を観ることができますよ!
芝生エリアでは、ブルーシートを敷いてピクニック気分で観戦するのもいいでしょう。

競馬場のフードコートで食事する人たち

競馬場内のフードコートの様子。
指定席エリアを除けば、競馬場内の施設は入場してしまえば、誰でも使うことができます。

この他にも、施設内には座席が多く用意されており、自由席が多く設置されています
しかし、朝から早く来る人達によって場所取りがされているところも多くあるのも事実・・・

たご作

GⅠなどの開催日では、自由席が空いているというころはほぼないと考えてよいぞ。

当日現金発売入場券のメリット・デメリット

「当日現金発売入場券」のメリットとデメリットを紹介します。

当日現金発売入場券のメリット 当日現金発売入場券のデメリット
  • 格安の入場料(100円 or 200円)
  • 事前手続きが不要
  • 当日、自ら自由席・場所を確保する必要がある
  • 入場開始時間が遅い
  • 2022年GⅠ開催日の販売なし

メリット

「指定席ネット予約」とは異なり、当日の入場後でないと座席の確保できない反面、入場料が格安です
入場料や入場後の流れは「入場券ネット予約」と全く同じです。

また、事前の会員登録を行う必要もなく、支払いもクレジットカードを使わなくて済むので、楽ちんです。
身分証等の提示を求められる入場方法がある中で、最も簡単に競馬場の中に入れる方法となります。

デメリット

はっきり言って、1日中、座ることなく競馬を観る立ち見はキツイ!

なので、座る場所を確保したいと思うときは、競馬場入場後に自らで確保しなければなりません
大きなレースであるほど、早い時間に予約し入場しなければ、ゴール前などのいい場所や自由席を確保することができない中で、競馬場へ入場できる時間が「入場券ネット予約」と比較して遅いです
また、中山競馬場に至っては、入場可能な門までの制限までかかっています。

第4回中山競馬場(9月開催):当日現金発売入場券における入場可能時間(例)

入場可能時間:10時~ (指定席や入場券ネット予約の購入者は8時45分以降から入場可)
入場可能な門:正門及び南門(法典門及び中央門はネット指定席や入場券購入のみが対象)

さらに、この「当日現金発売入場券」の最大のデメリットは、2022年の秋のGⅠ開催日においては、「当日現金発売入場券」の販売がありません

2022年における秋GⅠ開催日の販売なし

ウマタロー

GⅠはネットによる事前予約が必須ということか。

たご作

そういうことになるね!

まとめ

以上、「当日現金発売入場券」について説明しました。
最も簡単で、荷物も現金のみで競馬場に入場することができることがメリットである反面、GⅠレースが外されるなどのデメリットが存在します。

競馬場に行く日をあらかじめ決めている人であれば、「指定席ネット予約」や「入場券ネット予約」を活用した方がいいでしょう

ここで「当日現金発売入場券」に適した対象者を考えてみると、以下の方たちが対象となるのではなかろうか。

当日現金発売入場券に適した対象者
  • クレジットカードの支払いがヤダ(クレジットカード決済したくない)
  • インターネットがうまく使えない(登録がスムーズにできないなど)
  • 「指定席ネット予約」や「入場券ネット予約」の期限が過ぎてしまった人

上述の対象の中で、どうしても現地で競馬を観に行きたいという熱い思いを持つ人こそがこの「当日現金発売入場券」を積極的に活用すべきでしょう。

いずれにしても、この「当日現金発売入場券」の復活に伴い、少しずつコロナ流行前の競馬場の姿に戻りつつあることを実感します。

たご作

それでは、あなたがよい競馬ライフを楽しめるよう祈っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

たご作です。
ゆるやかな生活を夢見て早く退職したいです。
プロ野球(埼玉西武ライオンズ)、ゲーム、カメラ、そのほか日常生活に役立つ商品・サービス等について語ってます。
ゲームは、ウイニングポストが多めです。

コメント

コメントする

目次