プロ野球撮るときは、RAW or JPEGどちらで撮ればいいの?

どうも、たご作@tagosaku881)です。

デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラの画質モードといえば、代表的なのはJPEGとRAWの2つの形です。
この2つの画像形式の特徴を簡単に解説し、プロ野球を撮影する際は、どちらの画像形式で撮るべきかを考えてみました。

ちなみに、僕自身は、RAW形式で撮影をしています。

RAWとJPEG

そもそもカメラを手にしたばかりの人にとっては、RAWとJPEGと言われてもピンとこないと思います。
しかし、デジタルカメラを持てば、撮った写真の保存形式を選ぶことになるはずです。
しっかりと確認しておきましょう。

RAW・JPEGそれぞれの画像形式について、確認していきたいと思います。

RAWとは

「RAW」データとは、ロウと読み、英語で「生の」と訳されたりします。

デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラ、コンパクトデジタルカメラで記録される画像形式の1つで、以下のJPEG画像を生み出す元となる「生」の画像データのことです。

1枚のデータ容量がかなり重く、カメラの機種によって異なりますが、30MBくらいは平気で超えます
(良いカメラボディほど、データ容量が大きくなります。)

RAW形式のままでは、RAWデータ閲覧・編集用の専用ソフトでないと、PCやスマホで閲覧することもできません
よって、他人と共有・使用・閲覧したりするには、現像ソフトなどを使って編集したうえで、JPEG形式等に一般的に使用される画像ファイルへと変換する必要が生じます。
この作業の流れを「現像作業」とか「RAW現像」と呼んだりします。

なお、RAWデータでは、各カメラ―メーカーによって、ファイルの拡張子が異なることも特徴の一つです。

Nikonの場合 .NEF .NRW
Canonの場合 .CR2 .CR3
SONYの場合 .SR2 .SRF

JPEGとは

「JPEG」データとは、ジェイペグと読み、静止画像データに使われる圧縮形式です。
RAWに対して、1枚のデータ容量は、こちらもカメラの機種によって異なりますが、5MB前後くらいになります。

圧縮率が高く、写真に適した画像形式となっていることから最も普及している画像形式と言って過言ではありません。

デジタルカメラでJPEGで撮影すれば、即座に他人とデータのやり取りができます。
JPEG画像は、容量も軽く、高画質を誇りますが、非可逆圧縮」の特徴を持っており、少し編集を加えるだけで、画質が劣化してしまいます。

RAWとJPEGの比較

文章だけだとイメージがしにくいと思うので、RAWとJPEGの両者の比較を表にまとめてみます。

  RAW画像 JPEG画像
記録ビット 12ビット or 14ビット 8ビット
色諧調 4096~16384 256
データの大きさ 大きい 小さい
画質の劣化 ほとんどない ある
ホワイトバランス・露出

撮影後の現像時に
変更可能

撮影時に決定
変更不可

上記の表からわかる通り、圧倒的にRAW画像の方が豊富なデータを持っていることがわかります。
また、撮影後において、ホワイトバランスを現像によって、調整・変更できるという点は見逃せません。

つまり、現像をすることで、撮影後にいろいろ調整して、自分好みの写真に仕上げることができるのです。

一方、JPEG画像は、データ容量が軽いので、扱いやすい面があります。
SNS等に即座にアップすることができるのも、JPEGの強みです。

なお、もう少しRAWデータや現像について知りたい方は、コチラの記事にて確認してみてください。

関連記事

デジタル一眼カメラで写真を撮るときに、RAW形式で保存して現像を行うことで、よりデジタル写真の奥深さを知ることができます。 カメラでの撮影技法だけでなく、現像によるレタッチの技法まで身につけることで、あなたはが作り上げる写真は、[…]

RAWで野球を撮影するメリット

上述したように、RAWデータの最大のメリットは、撮影の設定を疎かにしても、撮影後の現像作業により、ある程度修復が可能であることが挙げられます。

下の画像は、埼玉西武ライオンズのザック・ニール投手の投球練習の写真です。
ナイターかつ照明があまり当たらないブルペンという撮影場所に加えて、シャッタスピードを速くしすぎた設定により、暗い写真ができてしまいました。

しかし、RAW現像を行うことで、見られる範囲までの明るさの写真を仕上げることができるのです。

真ん中のバーをスライドすれば、現像前と現像後を比較することができるよ!

露出をミスして、暗い写真に仕上がったとしても、RAW画像を現像によって調整することで、マシな写真に仕上げることができます。
プロ野球撮影に限らず、どの写真を撮影に対しても、言えることです。

プロ野球の場合だと、晴れから曇天になるなど天候の変化などで、うっかり設定を忘れてしまうことがあります。
そんな時でも、家に帰って、現像作業をすれば、うっかりミスを取り返すことができるのです。

これがRAW画像で撮影するべき最大のメリット!!

ただし、たとえRAW画像でも修正しきれない項目があります。

RAW現像で修正できないもの
  • ピント
  • 手ぶれ補正
  • 構図

これらについては、RAW画像でも修正できないので、基本的には1枚1枚丁寧に撮影することを心がけることが大切です。

ただ、そこは人間ですから、うっかりしたときの保険としてRAW形式での撮影は、とても頼りになる味方というわけです。

RAWで野球を撮影するデメリット

デメリットは、撮影によるデータ容量の大きさに加えて、RAW形式ではSNSに即座にアップできないことでしょう。
JPEG形式であれば、TwitterやInstagram、LINEをはじめとするSNSへアップすることができます。

ただ、僕は、撮ってすぐにSNSに上げないので、関係ないですが・・・
重要視する人は、かなり優先度が高い項目だと思います。

そのほかにも、デメリットはいくつかあります。


RAWで撮影するデメリット
  • 連写が止まる
  • 現像作業には基本的にPCが必要
  • 大容量のSDカード・ストレージが必要

連写が止まる

RAWで連写して写真を撮っていると、突然、連写が止まってしまい、シャッターが切れなくなることがあります
このような事象が生じると、シャッターチャンスを逃してしまいますので、是非とも回避したいところです。

このような現象が起こってしまうのは、バッファメモリSDカードが原因です。

デジタルカメラで撮影したデータは、SDカードに書き込む前にバッファメモリを経由してから保存されています。
詳しい話は省略しますが、要は、連写で撮った写真データにSDカードへの保存が追いつかないと、バッファメモリにも一時保存されますが、そのバッファメモリの容量もいっぱいになると、シャッターが切れなくなってしまうのです。

この現象を避けるには、

・1枚の撮影容量を減らす(つまりRAWではなくJPEGで撮影する)
・高速書き込みできるSDカードを使用する
・バッファ容量のあるいいカメラボディを使用する

などが挙げられます。

よって、撮影の腕を極めて、JPEGでも素晴らしい写真が撮れるようになれれば、いちばんよいのかもしれません。

僕にはそんな技量がないので、JPEGで撮るのは怖いっす

現像作業には基本的にPCが必要

デジタルカメラで撮ったRAW画像の写真は、JPEG画像へと変換しなければ、一般的に閲覧・使用することができないので、現像作業は必須作業となります。

この現像作業には、PCが必須です。
最近ではスマホやiPadなどでもRAW現像ができるようになったとはいえ、大量に撮影した画像をスムーズに編集するにはそこそこの性能(スペック)が求められるデスクトップPCを使った方が良いでしょう。
特に市販のデスクトップPCではなく、自作またはBTOで注文することをおススメします。

さらに現像には、修正できる機能が多岐にわたり、それなりの知識が必要となります。

大容量のSDカード・ストレージが必要

RAW画像は、1枚の容量が30MBを超えるので、デジタルカメラを持ち出す際に使用するSDカードも大容量の物を用意する必要があります。

32GBで1,000枚ちょっとの計算になるので、1日または旅行先で撮りまくる人は、更なるSDカードを用意するのが吉。
さらに、連写での撮影が必須なプロ野球をはじめとするスポーツ写真では、高速で書き込みができるSDカードを装着して撮影に臨むべきです。

また、撮った後の写真データの保存も行わなければならないので、大容量の外付けHDDなどのストレージを用意しておかなければなりません。

昨今は、SSDの登場などやHDDの普及により大容量外付けHDDの値段が大分、下がっているのでとても助かります。

デメリットが多くともRAWの方で撮る!

準備する物も増え、デメリットの項目が多いですが、僕はやはりプロ野球などのスポーツ写真においてもRAW形式で撮るのを薦めたいです。

確かに連写が止まることによるシャッターチャンスを逃すということは、最も避けたいことです。
また、大容量の写真データの管理はバックアップを含めて、とても面倒です。
しかし、後から現像作業できるという最大の保険はかけておきたいわけです。

そういった中で、RAW現像では、ホワイトバランスを後から変更できるなど、現像作業を通じて、イメージと違った写真を仕上げることができるなど、新たな発見することができるのはとても新鮮で楽しいです。

ただ、写真の量が多いと現像作業が面倒なのも事実

また、僕がプロ野球の撮影する場合は、メットライフドームでの撮影がメインとなっています。
ドーム球場のナイター撮影をすると、ISO感度とシャッタースピードの調整との戦いです。
ISO感度を上げすぎた写真はノイズが発生するので、そのノイズの低減処理をするには、RAW現像を行わなければなりません。
そういった意味でも僕は、RAWで撮ることをおススメしています。

なお、プロ野球を撮影する際のカメラの設定については、以前の記事にまとめてあります。
よろしければ、ご覧ください。 ↓ ↓

関連記事

カメラと望遠レンズを用意したら、いよいよ撮影のために野球場へ向かいましょう!とにかく撮影しまくってカメラの操作に慣れることが大切です。 選手を撮る前にカメラの設定を事前に確認し、設定しておくと、野球場でも焦ることなく撮影すること[…]

まとめ

RAW形式とJPEG形式についてかなり簡単に説明したうえで、プロ野球を撮影するの際にも「RAW形式で撮ってみてはどうでしょう?」と提案してみました。

ただし、撮った写真をタイムリーにSNSなどにすぐにアップしたい人はJPEG形式で撮るとよいでしょう。
デジタルカメラによっては、「RAW+JPEG」で保存する設定もすることができます。
そうすれば、現像もできて、SNSにもすぐ上げることができるので、一挙両得です!
(その分、連写が止まりやすくなるというデメリットはありますが・・・)

プロ野球を撮らないにしても、一度はRAW形式で撮影し、現像にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
写真を撮るだけではなく、違った写真の世界を垣間見ることができるでしょう!

RAWとJPEG野球撮影
最新情報をチェックしよう!