ゲーム会社経営ゲーム【Mad Games Tycoon 2】やってみた

どうも、たご作です。

テレビゲームが好きな人は、このように少しは考えたことがあるはずです。
ゲーム制作会社を設立し、自分が作ったゲームで世の中を席捲させたい!」と。
そこで、ゲーム会社を経営し、ゲームを制作・販売を体験することができるゲーム会社経営シミュレーションゲームをご紹介いたします。
その名も『Mad Games Tycoon 2

1月22日にSteamで早期アクセスで発売された少しマイナーなゲームをご紹介します。

目次

概要

発売日2021年1月22日【早期アクセスゲーム】
フォーマットPC(Steam)
ジャンル経営シミュレーションゲーム
開発元Eggcode
購入先Mad Games Tycoon 2 Steam購入ページ

Mad Games Tycoon 2』は、ビジュアル面等を含め、前作をパワーアップさせた作品となっております。
1976年のゲーム市場の状況からスタートし、自身がゲーム会社の社長として、ゲーム開発に携わっていきます。
ゲームソフトから携帯型・据置型ゲームハード、オンラインゲームまで制作することができ、会社の利益を増やし、世界一のゲーム会社を目指しましょう。
なお、開始年は、1976年、1985年、1995年、2005年及び2015年から選ぶことができます。
似たゲーム会社運営シミュレーションゲームとしては、カイロソフトの『ゲーム発展国』シリーズがあげられますが、よりリアルにゲーム開発現場を描いているのが特徴です。


良い点
  • ゲーム開発現場のマネジメントを体感することができる
  • 自社オフィスのレイアウト設計を自由にすることができる
  • ゲーム史のifを実現させることができる

実際のゲーム会社に模した会社が多数出てくることも楽しさを倍増させてくれます。
史実通り、ファミコン(ゲーム上のは表記「Mintendu MES」)も出てきます。
プレイ次第では、1990年代ゲーム機戦争におけるSEGAのゲーム機を自社ソフトで全面的にバックアップし、SEGAが任天堂やソニーのゲーム機からシェア・ナンバーワンの座を奪うことも可能です(SEGA、任天堂、ソニーともゲーム上の表記は、似せた名前で登場)。

また、劣悪な作業環境は、社員のやる気が喪失につながるので、完璧な部屋づくりに励んだり、予算確保のため過去のヒット作の完成版をリリースし、姑息な小遣い稼ぎをしたり、社運をかけて自社ゲーム機を開発するも大爆死するなど、ゲーム制作会社を取り巻く環境を意識したゲームとなっています。


不満点
  • 日本語対応していない

なお、私は、このやり方により、日本語化をしています。
本製品の正式に行われているものではありませんので、自己責任で行ってください。

なんと、アップデートで日本語対応がされました!
これで安心して、ゲームプレイに集中できますね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

たご作です。
ゆるやかな生活を夢見て早く退職したいです。
プロ野球(埼玉西武ライオンズ)、ゲーム、カメラ、そのほか日常生活に役立つ商品・サービス等について語ってます。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる