PC版『ドラゴンクエストⅢ HD-2D』おすすめPCの紹介と推奨スペック 

当ページのリンクには広告が含まれています。

どうも、鬼のインドア派のたご作@tagosaku881)です。

ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…』HD-2D版(以下「ドラクエ3」)が発売されますね!

Steam版でも発売されるということで、懐かしのドラクエ3をパソコンで遊びたいと思っている方は、多いのではないでしょうか。

さらに、ドラクエ1とドラクエ2もリメイク版が発売されるということでより期待が膨らみますよね?

ウマタロー

ドラクエを快適に遊べる安いパソコンとかを教えてくれい!

たご作

快適に遊べるパソコンをこの記事では紹介するよ!

ゲーム別のおすすめPCを確認したい場合は、リンクをクリック!

目次

ドラクエ3のおすすめPC

では、早速ですが、『ドラクエ3』を快適に遊べるパソコンを紹介していきます。

最安値は、12万円程度となっています

本ブログがおススメするパソコンモデル
  • 最安値でパソコンで遊びたい!

  NEXTGEAR JG-A5G5A

  • スペックに余裕を持たせてゲームやその他作業の幅を広げたい!

  NEXTGEAR JG-A5G60

  • モニターやゲーミングデバイスも用意してほしい!

  FRGK-B760M/SK1

  • ノートパソコンで遊びたい!

 Lenovo LOQ 15IRX9 – ルナグレー

スクロールできます
おすすめPC特徴価格遊べる長さ

NEXTGEAR JG-A5G5A
価格が安い
サポート充実
重めのゲームはできない
119,900円1~2年は快適に遊べる

NEXTGEAR JG-A5G60
価格が安い
動画配信等のマルチ作業も可
サポート充実
重めのゲームはできない
134,800円3年は快適に遊べる

FRGK-B760M/SK1
ゲーミングデバイスが付属
動画配信等のマルチ作業も可
ストレージ容量を増やすべき
188,800円3年は快適に遊べる

LOQ 15IRX9 ルナグレー
ノートパソコン
動画編集等のマルチ作業も可
価格が高い
139,810円2年は快適に遊べる
おすすめPCの比較

『ドラクエ3』を快適に遊ぶおすすめのパソコンについて、デスクトップ3台、ノート1台を紹介します。

たご作

予算と目的に応じて、参考にしていただけると幸いです。

NEXTGEAR JG-A5G5A【エントリークラス】

NEXTGEAR JG-A5G5A

119,900円(税込)~

OS Windows 11 64bit
CPU AMD Ryzen 5 4500
メモリ 16GB
グラフィックボードGeForce RTX 3050
ストレージ 1TB NVMe SSD

・・・カスタマイズできる項目
モニター・マウス・キーボードは別売り

このモデルの特徴

  • 推奨スペックかつ安い価格で手に入れることができる
  • フルHDゲームならそこそこ遊べる
  • 充実のサポートと保証
  • 4K、VR等の重いゲームではパワー不足
  • 前世代のグラフィックボード

マウスコンピューターの「NEXTGEAR JG-A5G60」は、推奨スペックを踏まえた構成ながら、価格が最も安いモデルとなっています。

価格は、12万円を切る価格です。

『ドラクエ3』を遊ぶうえでも全く問題ありません。

前世代のRTX3000シリーズのグラフィックボードの搭載ですが、ドラクエ以外の最近のフルHDゲーム等を遊ぶことができるエントリークラスのパソコンです。

万が一、故障したらどう対応してよいのかわからないパソコン初心者にとってありがたい365日24時間の電話サポート3年間センドバック修理保証がついています。
めちゃくちゃありがたい頼もしい存在ですよね!

NEXTGEAR JG-A5G60【エントリークラス】

NEXTGEAR JG-A5G60

134,800円(税込)~

OS Windows 11 64bit
CPU AMD Ryzen 5 4500
メモリ 16GB
グラフィックボードGeForce RTX 4060
ストレージ 1TB NVMe SSD

・・・カスタマイズできる項目
モニター・マウス・キーボードは別売り

このモデルの特徴

  • 最近のゲームのほとんどを快適に遊ぶことができる
  • ゲーム配信や動画編集も可能なスペック
  • 充実のサポートと保証
  • 4K、VR等の重いゲームではパワー不足

マウスコンピューターの「NEXTGEAR JG-A5G60」は、推奨スペックを踏まえた構成ながら、最新のグラフィックボードRTX4000シリーズを搭載されたモデルです。

先ほど紹介したNEXTGEAR JG-A5G5AのグラフィックボードをRTX4060に載せ替えたことで、様々なゲームを幅広く遊ぶことができます。

さらに、ゲーム配信や動画編集もできるスペックなので、『ドラクエ3』の配信や実況動画編集などに挑戦してみてはいかがでしょうか?

この「NEXTGEAR JG-A5G60」もマウスコンピューターのパソコンなので、365日24時間の電話サポート3年間センドバック修理保証がついているので、安心してパソコンを使い続けることができますよ!

FRGK-B760M/SK1【エントリークラス】

FRGK-B760M/SK1

188,800円(税込)~

OS Windows 11 64bit
CPU Intel Core i5-14400F
メモリ 16GB
グラフィックボードAMD Radeon RX 7600
ストレージ 500GB NVMe SSD

・・・カスタマイズできる項目

このモデルの特徴

  • 推奨スペックかつゲーミングデバイスまで手に入る
  • 最近のゲームのほとんどを快適に遊ぶことができる
  • ゲーム配信や動画編集も可能なスペック
  • 4K、VR等の重いゲームではパワー不足
  • ストレージの容量が少ない

フロンティアの「FRGK-B760M/SK1」は、推奨スペックを踏まえた構成に加えて、ゲーミングデバイスの入門セットが付属されたモデルです。

付属デバイス
  • HyperX Pulsefire Core ゲーミングマウス
  • HyperX Alloy Core RGB ゲーミングキーボード
  • FRONTIER FR2450B 23.8型 狭額縁 ワイドLED液晶モニター
  • HyperX Pulsefire Mat ゲーミングマウスパッド Mサイズ(幅360mm×長さ300mm)
  • HyperX Cloud Core ゲーミングヘッドセット[ブラック]

ゲーミングセットが付属しているだけに、『ドラクエ3』を遊ぶことができるだけでなく、最近のゲームのほとんどを快適に遊ぶことができるスペックを有しています。

欠点と言えば、ゲーミングPCにもかかわらず、ストレージの容量が500GBは少ないと個人的には思います。
1TB以上にカスタマイズしてもいいかもしれません

BTOパソコンを購入する際のパソコンは基本的に本体のみですが、このモデルは上記の6点のセットが付属しながらも20万円を切る価格で提供されています

これからパソコンでゲームをトコトン始めたい!
そんな方におすすめのモデルとなっています。

\フロンティアでもっと安いパソコンをゲットしたい人は、ぜひ!/

\その他のフロンティのPCをチェックしてみたい人はコチラ/

Lenovo LOQ 15IRX9 – ルナグレー【ノートパソコン】

Lenovo LOQ 15IRX9 – ルナグレー

139,810円(税込)~

OSWindows 11 64bit
CPUIntel Core i5-13650HX
メモリ16GB
グラフィックボードGeForce RTX 4050 Laptop
ストレージ512GB NVMe SSD

・・・カスタマイズできる項目
マウスは別売り

このモデルの特徴

  • ノートパソコンでドラクエ3を遊べる
  • 最近のゲームも遊ぶことができる
  • 動画編集も可能なスペック
  • 4K、VR等の重いゲームではパワー不足

Lenovo LOQ 15IRX9 – ルナグレー」は、ノートパソコンで『ドラクエ3』を遊べるモデルです。

価格も14万円を切る形でゲームも動画編集もこなしてくれる万能のノートパソコン

ほとんどのゲームを遊ぶことができるだけでなく、15.6インチの144Hzのモニターを採用しており、存分にゲームの没入感に浸ることもできてしまうんです。

ノートパソコンの宿命か同価格帯のスペックではデスクトップパソコンに性能は劣ってしまいます

しかし、持ち運びができて、スペースを取らないだけでなく、モニターを新たに用意する必要がないのもノートパソコンの強みと言えるでしょう。

仕事の日常使いに加えて、『ドラクエ3』をはじめとするゲームや動画編集をしたいといった方に向いているパソコンです。

\レノボでもっと安いパソコンをゲットしたい人は、ぜひ!/

ドラクエ3の公式推奨スぺック

『ドラクエ3』の推奨スペックは、そこまで高くありません

なぜならば、『ドラクエ3』は、実写のようなリアルな描写でもなければ、等身大のアニメーションで描かれているのではなく、「HD-2D」で表現されているからです。

HD-2D

スクエニが開発したドット絵と3DCGが融合したグラフィック表現のこと。
HD-2Dで有名なゲームはRPG『オクトパストラベラー』などが挙げられる。

最低スペック・最低動作環境

OSWindows 10 (64bit)
Windows 11 (64bit)
CPUIntel Core i3 6100
AMD Ryzen3 1200
メモリ8GB
GPUGeforce GTX750
Radeon RX460
Intel Arc A380

「最低スペック・最低動作環境」は参考にしないように!
あくまで、何とか起動することができるよ、という指標です。

たご作

なので、残念ながらこのPCスペックだと快適には遊べないぞ…

といっても、最低スペックで掲示されているCPUやGPUは10年近く前の製品となるので、グラフィックボードが搭載された最近のパソコンであれば、『ドラクエ3』を遊ぶことはできるでしょう。

ただ、後述の推奨スペック・推奨動作環境にあるPCパーツが搭載したパソコンの方が快適に遊べることは間違いありません。

『ドラクエ3』を遊びたいという人は、素直に推奨スペック・推奨動作環境のパソコンを購入すること

推奨スペック・推奨動作環境

OSWindows 10 (64bit必須)
Windows 11 (64bit必須)
CPUIntel Core i3 6100
AMD Ryzen3 1200
メモリ16GB
GPUGeforce GTX1060
Radeon RX470
Intel Arc A580
ストレージ20 GB の空き容量

上記の推奨スペックを満たすパソコンであれば、『ドラクエ3』を快適に楽しむことができます。

たご作

さっき、紹介したおすすめパソコンは、全部、推奨スペックを満たしたものとなっているよ!

ただ、推奨スペック通りのパソコンだと、『ドラクエ3』を遊ぶことはできるけれども、最近の少し負荷のかかるゲームで遊ぶのは厳しいでしょう

『ドラクエ3』をゲームだけでなく、LIVE配信や動画編集をしてYouTube等にアップしたいと考えてる場合は、より高いスペックのパソコンを手に入れる必要があります。

つまり、推奨スペックよりも高いCPUやグラフィックボードを採用することで、『ドラクエ3』以外の高グラフィックなゲームを楽しむことができたり、ゲームの実況配信や動画編集などの作業をサクサクとこなすことができるんです。

ウマタロー

予算があれば検討してみてね!

推奨スペックよりも高いスペックのPCのメリット
  • 他の高映像のゲームを楽しめる
  • ゲーム実況や他のクリエイティヴ作業もできる
  • スペック不足に悩むことなく、長く使うことできる

当ブログが推すおすすめスペック

推奨スペックのCPUやGPUは、数年前に発売されたPCパーツです。

これから新しくパソコンを購入しようとする際は、推奨スペック記載のパーツが搭載されているパソコンを探しても、販売されていないでしょう。

たご作

最新のパーツ構成で発売されているモデルから選ぶときは、以下のパーツで組まれているものがおすすめ!

CPUIntel Core i5-14400F
AMD Ryzen 7 7500F
メモリ16GB
GPUGeforce RTX 4060
Radeon RX 7600

ただ、ドラクエ3を遊ぶといった観点からは、ややオーバースペックかもしれません

しかし、現在、販売されている多くのゲームも楽しめるので、ドラクエ以外のゲームもこれを機に楽しんでみてはいかがでしょうか。

個人的には、ドラクエ3の推奨スペックにこだわった結果、予算を極限まで削ぎ落すことができたとしても、ドラクエ3しか遊べなかったという状況には陥るべきではないと考えます。

紹介したスペックでドラクエ3以外のゲームも楽しんだ方が良いパソコンの買い方だと思う。

また、現在使っているパソコンのパーツ交換を交換して、アップグレードをする自作PCのパーツの目安にしていただいてもいいと思います。

おすすめのCPU

IntelであればCore i5-14400F、AMDであればRyzen 5 7500Fあたりを推奨します。

CPUについては、前世代のCore i5-13400やCore i5-12400でも十分に性能を果たしてくれますので、少しでも安く済ましたいのであれば、古い世代のCPUを選んでもいいでしょう。

また、『ドラクエ3』を遊ぶという観点からCore i3-14100Fも選択肢に入ると思います。

AMDであれば、Ryzen5 5600Xも選択肢の一つとなります。

IntelとAMDの2つが主要なCPUメーカーで、一般的に、AMD Ryzenシリーズの方が性能面という観点から価格が安い傾向があります

ドラクエ3 おすすめCPU

Intel Core i5-14400F
AMD Ryzen 5 7500F

\CPUの性能の見方がわからない人はこの記事も要チェック!/

おすすめのメモリ

推奨環境のとおり、16GBのメモリを使用すれば問題ありません。

ゲーミングPCとして販売されているパソコンのメモリの下限が16GBであることが多いため、そのまま購入しておけば問題ないでしょう。

ただし、ゲームをしながらライブ配信をするなどゲームと一緒にソフトウェアを起動する場合などは、メモリを32GBにカスタマイズしてもいいかもしれません

おすすめのグラフィックボード

公式の推奨は、「Geforce GTX1060」、「Radeon RX470」とあります。
しかし、これらのグラフィックボードは、2016年くらいに発売された製品です。

それぞれその現在の後継である「Geforce RTX 4060」または「Radeon RX 7600」を搭載しておけば問題ありません

ウマタロー

ドラクエ3で遊ぶという観点からはオーバースペックと言ってもいいかも!?

たご作

これよりスペックの低い現行世代グラボを搭載したPCはあまりないんよ…
1世代前のRTX 3050、3060でも十分なんだけどね。

さらに、マイナーチェンジ版の「Geforce RTX 4060Ti」または「Radeon RX 7600XT」などにしておけば、ドラクエを楽しみつつ、ライブ配信や動画編集といったマルチな使い方もできますよ!

さらに、今後発売されるゲームなども快適に遊ぶことができるので、やや長くゲームを快適に遊ぶことができるでしょう!

ドラクエ3 おすすめグラフィックボード

Geforce RTX 4060
Radeon RX 7600

1世代前のグラフィックボードでも十分遊べる!

\グラフィックボードの性能の見方がわからない人はこの記事も要チェック!/

『ドラクエ3』に関するよくある質問

『ドラクエ3』をパソコンで遊ぶメリットは?

パソコンには、ゲーム本編以外にも楽しめる要素がたくさんあるので、パソコンを薦めています。

例えば、MODを導入することで難易度変更、グラフィック向上といった、家庭用ゲーム機では楽しめない要素を楽しむことができる魅力があります。

『ドラクエ3』推奨スペックどおりのパソコンだと他にどんなゲームが遊べる?

Steamで販売されているドラクエシリーズの作品は、快適に遊ぶことができます。
「ドラクエ10」、「ドラクエ11」、「ドラクエ ビルダーズ」など

また、HD-2Dという存在を世に知らしめた「オクトパストラベラー」シリーズなども遊べますよ!

パソコン本体に揃えるべきデバイスはある?

ドラクエ3は、RPGなので、一般的なモニターで楽しむことができます。

強いて言うならば、ゲームコントローラーはあった方が良いでしょう

PSのコントローラーも使えますが、Steamでゲームをするのであれば、Xboxのコントローラーの方が汎用性が高いため、Xboxのコントローラーをおすすめしますよ。

『ドラクエ3』おすすめPCのまとめ

Steam版の『ドラクエ3』は、そこまで求められるスペックは高くありません。

よって、最低でも12万円程度の予算を確保しておけば、十分に『ドラクエ3』を楽しむことができるでしょう。

本記事で紹介した以下の4つのいずれかのパソコンを手に入れることで『ドラクエ3』を快適に楽しむことができます。

さらに、多くのゲームやクリエイティブな作業まで行うことができるモデルもありますので、ぜひ検討してみてくださいね!

スクロールできます
おすすめPC特徴価格遊べる長さ

NEXTGEAR JG-A5G5A
価格が安い
サポート充実
重めのゲームはできない
119,900円1~2年は快適に遊べる

NEXTGEAR JG-A5G60
価格が安い
動画配信等のマルチ作業も可
サポート充実
重めのゲームはできない
134,800円3年は快適に遊べる

FRGK-B760M/SK1
ゲーミングデバイスが付属
動画配信等のマルチ作業も可
ストレージ容量を増やすべき
188,800円3年は快適に遊べる

LOQ 15IRX9 ルナグレー
ノートパソコン
動画編集等のマルチ作業も可
価格が高い
139,810円2年は快適に遊べる
おすすめPCの比較

最後に本記事を読んでみて、高いなあ書いてあるPC用語が難しくてよくわからないといった方は、素直にPS5やSwitch版の『ドラクエ3』を選択してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

鬼のインドア派。
当然、仕事もインドア派を望むも、叶わぬ毎日の現実に嘆息している。
本ブログでは、鬼のインドア派にふさわしいパソコンの紹介やパソコンを使ってできるゲームやデジタルイラストなどを紹介している。
唯一のアウトドア派の趣味である野球観戦・競馬観戦を踏まえた写真撮影方法なども記している。

コメント

コメントする

目次