【ダービースタリオン】ver1.0.2アップデート確認

どうも、たご作です。

前回のアップデートが行われてから、1ヶ月ほど経過したダービースタリオンに急遽、アップデートが施されました。
昨日、突然の発表にも関わらず、本日実行という迅速さには恐れ入ります。
どのようなアップデートが行われたかの内容の確認と実際のプレイにて確認していきたいと思います。

アップデートの内容

まずは、今回のVer1.02のアップデート内容は以下の通りです。
細かい点を含め、かなりの修正が入りましたね。

Ver1.0.2 アップデート情報【1月24日配信】

  1. ロード時間の改善
  2. ロード時間の改善を行いました
  3. 繁殖牝馬の4歳から7歳までの受胎率を若干引き上げました
  4. 繁殖牝馬の8歳時および9歳時の死亡確率を下げました
  5. 5月の2歳馬セール、および2月の繁殖牝馬セールにおいて、NPCの入札までの時間が短くなるよう調整しました
  6. ホースパークの各施設の建設時および拡張時に、「毎月の施設維持費」を追加で表示するように変更しました
  7. 自家製種牡馬がいる場合に、種牡馬の父を種付けできてしまうことがある不具合の修正
  8. 「完璧な配合」と「凝った配合」が同時に成立した場合に、ミッションNo.011「完璧な配合で種付けする」が達成できない不具合の修正
  9. 購入したことのある繁殖牝馬が、繁殖牝馬のメニュー「繁殖実績」に名前が残っている場合に、繁殖牝馬セールおよび庭先取引の抽選候補から外れてしまう不具合の修正
  10. 種牡馬リストのサイアーラインに本来表示されるべき馬が、表示されない不具合の修正
  11. 調教師を「おまかせ」の状態で海外のレースに遠征した場合に、遠征先で調教してしまうことがある不具合の修正
  12. そのほか、軽微な不具合の修正

ダービースタリオン公式サイト

まさか、これだけの量の修正および改善のアップデートを行うとは思いませんでした。

アップデート内容の検証

全てを検証できませんので、今回のアップデートの中で、効率的なプレイ環境ができているのかという目安の1つである「時間」に注目してみました。
はたして、時間の短縮につながっているのだろうか?
そのあたりを確認していきたいと思います。

ロード時間の改善

まずは、この今作の『ダービースタリオン』において最もプレイ環境を悪くしていると言っても過言ではないロード時間。
ロード時間の改善について、検証していきます。
ちなみに前回はこんな感じでした。

関連記事

どうも、たご作です。 発売されてから3週間、12月24日にSwitch版ダービースタリオンにアップデート(ver.1.0.1)が実装されました。 アップデートの内容 今回のアップデート内容は以下の通りです。 Ver[…]

ダビスタ発売

前回のアップデートでは、気持ち程度のロード時間の改善でしたが、果たして今回は如何に?

青字は、ver1.0.1 にて改善された部分
赤字は、ver1.0.2 にて改善された部分

  • 「パドック」画面 約20秒 ⇒ 約15秒 ⇒ 約10秒
  • 「レース」画面  約20秒 ⇒ 約15秒 ⇒ 約15秒
  • 「牧場」画面 → 「所有馬」画面 約10秒 ⇒ 約10秒 ⇒ 約5秒
  •  レース終了後 約10秒 ⇒ 約5秒 ⇒ 約5秒

※ 条件下によって違うかもしれません。私はパッケージ版でプレイしています

レース時の「出走表」から「パドック」へのロード時間が明らかに短くなっていることが体感できました。
若干のロード時間はありますが、「パドック」を観るの苦痛からは解放されたといってもいいくらいのロード時間となったと思います。

「牧場」画面から「所有馬」画面への遷移に対するロード時間も短くなっていることも確認できました。
これで「所有馬」画面で、うっかりBボタンを押して「牧場」画面に戻っても長いロードにイラつくことはなくなりそうです

そのほか、「事務所」への遷移における時間も短くなっていると感じました。

セリの入札時間

セリに参加し、予算超過などで購入できなかったときの時間の惜しさに悔いが残りますよね?
個人的にはそこまでは気になってはいませんでしたが、時間が短くなることは、非常に良いことですから検証してみました。

セリの様子

明らかにテンポがよくなっており、改善されています。
残り時間の1つか2つ減ったあたりで他の人が手を挙げてくれます
ものすごくテンポがいいと感じました。

ただ、個人的にはもっと早く落札に至ってほしいです。
セリで落札するまでの終了するまでの時間は、「ちょっと長いなあ」と感じます。

レースバランスの検証

前回の記事において、今後の要望として、ロード時間の短縮に加えて、馬群から抜け出せず進路取りにウロウロする仕様の修正を求めていました。
このウロウロ仕様により、差し・追込馬が不利なレースバランスとなっていました。
今回のアップデート内容には、レースバランスの調整が含まれていませんでしたが、「⑪そのほか、軽微な不具合の修正」に含まれていることに一縷の望みをかけて、検証してみました。

プレイしてみて、まだ確信に至るほど実感できていませんが、若干、ウロウロしなくなったような気もします
Twitter上では、改善されたという声がありますね!

今後のアップデートの要望について

前記事と同様のものを要望します。
重複しますが、念のため載せておきます。

騎手の能力表示

騎乗依頼をする際に、判断基準がわかりません。
上位からリーディング順に並んでいるようです。
それでは、それぞれの騎手が持つであろう特徴をつかむことはできません。
彼らの特徴を昔のダビスタのように表示してほしいものです。
この一口コメントが味があって、個性を表せていて、いいんですよ。

SFC時代のダビスタ騎乗依頼

藤田菜々子騎手の追加

なぜ彼女がいないのか謎です。
JRA唯一の女性騎手であることに加え、今年35勝(先週時点)を挙げ、リーディング33位を収めているわけですから収録するべきでしょう。

たったひとりの女性騎手のために、減量のプログラミングとグラフィックモデルを作成するのを面倒くさかったのか、それとも本人サイドから許可が下りなかったのか。
前者の場合は、是非ともアップデートで追加するべきでしょう。

種牡馬の追加

現在の日本競馬の生産界では、サンデーサイレンス系が席巻しているので、サンデーサイレンス系の種牡馬が多くラインアップされているのは仕方がないことです。
しかし、ゲームをプレイしていると、サンデーサイレンス系産駒を生産せざるをえなくなり、どうしてもサンデーサイレンスのインブリードが多発し、生産に袋小路が生じてしまいます。

よって、少し昔の種牡馬も追加していいのではないかと思いました。
例えば、かつて隆盛を誇ったノーザンテーストの産駒の直系が滅んでしまった今、メジロライアンやメジロブライトなどを追加してほしい。
初代ダビスタでは、ノーザンテーストが種牡馬リストの一番上に君臨していたことから、これを懐かしむオールドファンの心をつかむことができるはずです。
また、過去の種牡馬をある程度、年代を広げて導入してもいいのではないでしょうか?
彼らの産駒を活躍させるという楽しみ方も十分ありだと思います。

海外レースと地方交流重賞レースの追加

せめて、香港と東京大賞典をお願いしたい。
前者については、先日の香港カップでの日本馬の活躍をみれば、実装してしかるべきでしょう。
後者については、昔のダビスタでは搭載されていたはずですし、少しでもダート馬の裾野を広げてほしい。

配合のわかりやすさ

今作では、配合理論として、「面白配合」、「見事な配合」、「完璧な配合」及び「凝った配合」があります。
ただし、その効果と成立条件は、ググったり、歴代のファンくらいしか、わかることがありません。
ゲーム内にそれくらいは説明すべきだと思うのですが。
子供も手に触れるニンテンドースイッチで販売しているのだから、それくらいの簡単な説明は欲しいくらいです。

まとめ

以上、ダービースタリオンのver1.02におけるアップデート内容と検証でした。
今回のアップデートによって、従前に比べてロード時間を短縮することを実感できることから、ゲームを快適にプレイできるようになりました。
Twitter上でも、神アプデとも評価されている意見も見られます。
最初からこの内容で発売することができれば、低い評価を得ることはなかったでしょう。
今後もアップデートによりクオリティ向上を図っていただけるような記載もあったので期待しましょう!

不満点はいくつかありますが、競馬シミュレーションゲームがほとんど発売されていない現状を踏まえれば、競馬ゲームとして十分に楽しむことができるゲームです。
そして、今回、アップデートによる改善を行ったことで発売当初に比べれば断然と遊び易くなっていますので、まだ未プレイの方は、購入してみてはいかがでしょうか。
すでに購入し、ロード環境等に満足できず、投げ出してしまった方も含め、以前とは明らかに異なるプレイ環境を体感することができはずです。
最強馬育成目指して、改めてプレイしてみましょう。
私は、プレイをしていきたいと思っています。

また、2月5日に、ニンテンドースイッチ版『ダービースタリオン』のすべてが詰まった『ダービースタリオン 公式全書』が発売されます。
生産、配合、調教、レース、種牡馬と繁殖牝馬データベース、登場ライバル馬一覧など、あらゆる角度からユーザーを徹底サポートされています。
ぜひ、攻略に役立ててみてはいかがでしょうか。

ちなみに私流の序盤攻略はコチラ
↓ ↓ ↓

関連記事

どうも、たご作です。 タイトルの攻略というよりも私の序盤のプレイ日記になっておりますが、歴代のダビスタシリーズでもこのようにプレイしているので、信用に足りると思っています。 [blogcard url=https://tagos[…]

ダビスタ発売

ダビスタ発売
最新情報をチェックしよう!